用語集

サイナスリフト
人工歯根であるインプラントの挿入スペースを確保するために、顎の骨量を増やす骨増成手術。

上顎洞粘膜(シュナイダー膜)を上顎洞から剥離して挙上して、
そこで作った空間に人工骨や他部位から採取した自家骨を移植する事により、
上顎洞底線の位置をあげて、インプラント埋入手術に必要な骨の厚みを作成する治療方法です。

狂牛病が懸念されましたが、当院では人工の骨補填材を使用しているため、安全に治療することが出来ます。

骨の形成には、通常であれば半年から一年程度の期間が必要で、治療期間が比較的長期になることが予想されます。

通常は顎骨が薄く、治療が不可能だったインプラントの使用を可能にする治療法です。
施術箇所が目視できるためリスクも低めです。
現在の骨の量にも左右されません。

しかし、デメリットとして、ソケットリフトに比べて腫れやすく、痛みもあり、細菌感染のリスクも高くなってしまいますので注意が必要になり、なおかつ大がかりで治療期間が長く、費用もかかるため、患者さんの負担は大きくなります。

後悔のないように納得がいくまでカウンセリングを受けて、最終的に治療を受けるかどうか判断するようにしましょう。

本当に納得してから治療を決断してください。