用語集

カルテ
検査結果などの医療記録や診療情報を記した「診療録」のことです。
「診療記録」とも呼ばれます。
歯科医師法
医師法第24条1項に、医師は患者を診療したら遅滞なく「経過を記録すること」が義務づけられている。
これを「診療録」としている。
また、2項で記録後最低5年間は保存することが義務づけられている(医療機関内で診療したものについては、その医療機関の義務である)。
診療録は単なるメモにとどまらず医療訴訟においても証拠としての重要性は非常に大きく、たとえ必要な処置を行っていたとしてもカルテに記載がない場合、行ったとの主張は認められない可能性もある。
歯科医師法も医師法と同様の規定がなされている。