用語集

過剰歯(かじょうし)
人間に生える32本の歯(親知らず4本を含める)以外に生える余分な歯のことです。

歯を形作る原基(歯胚:しはい)が過剰に形成されたり、1個の歯胚が分裂することで、歯が正常な数より多く作られる場合があります。

まっすぐ歯列内に生えてくる場合もありますが、歯列外に生えてくるものや正常に生えることができず骨の中に埋まっている埋伏過剰歯(まいふくかじょうし)になるものもあります。
症例によっては、逆方向(鼻の方向に歯が向いている)を向いている逆性埋伏過剰歯(ぎゃくせいまいふくかじょうし)と呼ばれるものもあります。
大きさ(多くの場合他の歯より明らかに小さい)や形態等から見た目で過剰歯とわかるものが一般的ですが、稀に普通の歯とほぼ同じ形や大きさを持ちどれが過剰歯かわからないこともあり、さまざまです。