用語集

仮封剤(かふうざい)
虫歯を削った穴に詰め物やかぶせ物が入るまで、一時的に穴を封鎖する(ふさぐ)治療材料のことです。

ただ、バリア効果の高い仮封剤も、いつかははがれたり隙間ができてくるので永久的なものではありません。
一番良いのは根管充填後、なるべく早くコア、ファイバーポスト&コア、クラウンなどの歯冠修復を行うことです。
コアは根管治療で細菌を減らした歯の状態をキープするための最大で最強のバリアになります。
細菌の侵入経路のシャットアウトに一番効果があります。

仮封剤で分からないことがございましたら、新宿の矯正歯科、吉井矯正歯科までご相談くださいませ。