用語集

オールセラミッククラウン
冠全体がセラミックで作られている被せ物や差し歯の呼称。 かぶせ物にセラミックを使用しており、金属を使わないため、自然な歯のような色合いで、銀歯のような金属の部分がないため、見た目もよいというメリットがあります。

また、ほとんど色が変わったりもしないので、材料自体が磨耗、欠損しない限り、白い歯であり続けることが出来ます。

このほか、出っ歯やすきっ歯などの治療にも役立つ方法なので、それらの治療に使えることが非常に効果的です。
さらにオールセラミックは金属を使用しないため、金属アレルギーを起こさないという特徴もあります。

また、審美的にこだわって作成すれば、患者様の元の歯に合わせた自然な色味に近づけることも可能になっております。
治療と歯を白くすること同時にしたい場合でもメリットの多い治療といえます。

ただし、治療にする場合には、自由診療となりますので、価格も数万円から十数万円程度が必要になることがあります。

そのほか、治療前の仮止はできないため、事前に医師と相談してください。
ハイブリッドクラウンは割れやすいという問題がありましたが、年々オールセラミックは硬度が高まっており、割れやすさなども比較的改善されており、歯科治療の応用の幅が広くなってきました。