矯正歯科

八重歯(やえば)
上あごの犬歯が、歯列の外側にはみ出して生えている状態をいいます。矯正治療の専門用語では「低位唇側転位の犬歯」といいます。
上あごでは、永久歯の犬歯が生えてくる順番が最後の方なので、犬歯が萌出する段階では既に場所不足となっていると、犬歯がはみ出して八重歯になることがあります。