矯正歯科

低位舌(ていいぜつ)
普段から舌の力が抜けていて、下あごの歯列や、前歯の内側にべたっと舌がおりている状態。舌癖といわれる舌の不良習癖のひとつ。
正常な状態の舌は、リラックスしている状態で口蓋に接しています。つまり、口の中で上にあがっていて、面で上あごに接している状態が正常です。低位舌は舌突出癖や異常嚥下癖をともなうことが多く、空隙歯列弓(すきっ歯)や開咬の原因になる場合があります。