矯正歯科

チンキャップ
成長期に使用する着脱式の矯正装置のひとつ。
下あごの骨が大きい骨格性の反対咬合・下顎前突の治療で、「あごをおさえる」ことで下顎骨の成長抑制を狙う顎外矯正装置。頭に被る「帽子」から大きなゴムで下あごを後上方に牽引します。(耳に装着された透明なプラスチックは写真撮影時の頭部固定用のものなので、チンキャップとは関係ありません)
実際の効果としては、下顎骨が大きくならないというよりは、下顎骨の顎角が広くなり、下あごの前歯が内側に傾斜する効果が大きく、顔の高さが長くなりやすいこと、あごの関節に力がかかり負担の大きいことなどを利用として、近年の成長期の矯正治療ではチンキャップの使用は減少しています。