矯正歯科

再石灰化(さいせっかいか)
一度脱灰したエナメル質、象牙質などが、カルシウムイオンなどのミネラルの補充により、再度石灰化すること。
簡単にいうと、唾液中のカルシウム、リン酸イオンなどが歯の表面に取り込まれることで、虫歯になりかかった部分が微小に回復するような現象のことです。