矯正歯科

歯間乳頭(しかんにゅうとう)
歯と歯の間の部分の歯肉。
健康な状態の歯ぐきは、歯と歯の間の三角形の部分は歯肉で埋まっていますが、この部分を歯間乳頭といいます。 歯周病がすすむと歯ぐきが退縮しますが、そのときに歯間乳頭の歯ぐきもなくなってしまうので、歯と歯の間に三角形のすき間ができてしまいます。
歯肉炎を併発していると歯ぐきが腫れているので、歯間乳頭の歯ぐきが下がっていることに気づかない場合もありますが、このような場合には、すき間が見えるようになったとしても腫れがない状態にして、歯ぐきを健康な状態にする必要があります。