矯正歯科

弄唇癖(ろうしんへき)
唇を前歯で噛んだり、吸い込んだりする癖のことを言います。
唇の力が常に歯にかかることになるので、不正咬合の原因となります。