矯正歯科

6歳臼歯(ろくさいきゅうし)
中央から数えて6番目の永久歯の奥歯のことで、6歳頃に生えてくるので6歳臼歯と呼ばれます。