矯正歯科

埋伏過剰歯(まいふくかじょうし)
過剰歯(通常よりも余分に多い歯)が、生えずに歯槽骨の中に埋まったまま(埋伏)になってしまっている歯のこと。
埋まっている場所によっては、空隙歯列の原因になる場合もあります。歯の萌出や移動の邪魔になるようなら抜歯の対象になります。歯並びや歯の移動の邪魔にならない、深い位置に埋伏している場合など、埋伏はしているが特別邪魔にならない場合には特に処置の対象とせず、そのままにする場合もあります。