矯正歯科

マルチブラケット装置(まるちぶらけっとそうち)
上下左右の歯列全体にブラケットを装着し、これにアーチワイヤーをセットして歯列矯正する方法のこと。
ほとんどの歯にはブラケットを直接接着しますが、大臼歯には「バンド」という指輪状の金属製の輪を嵌め込むことでブラケット装置を装着することもあります。基本的に月一回の処置で歯を動かし、通常の症例では2-3年の期間で歯の移動を終了します。