矯正歯科

ムーシールド
前歯部反対咬合の子供に用いる可撤式の矯正装置。
成長期の子供の反対咬合を放置すると、成長発育にともなって歯性、場合によっては骨格性の反対咬合に発展してしまうリスクが高まります。矯正治療では早期治療が重要なのですが、成長期の反対咬合や下顎前突の治療をおこなう、リンガルアーチやFKO、上顎前方牽引装置を使用するには、装置製作のために口腔内の印象採得(歯列の型とり)をおこなう必要があり、低年齢児には無理な場合も多々あります。 その点、ムーシールドは既製品のプレートを調整すれば使用可能のため低年齢児にも適用しやすく、結果的に、成長発育を阻害する反対咬合の状態をブロックし、上唇が歯列に及ぼす影響を排除し、舌を正しい位置に保つことにより、良好な上顎骨の成長発育を誘導できる場合があります。