矯正歯科

模型計測(もけいけいそく)
歯ならびやかみ合わせの詳細な状況を把握、分析するために歯列模型(歯ならびの模型)を使用します。この、歯列模型の計測分析を模型計測といいます。
まず、矯正の検査でおこなった印象採得で歯列の模型を製作します。この歯列模型を使って、歯の大きさ、でこぼこの程度、奥歯のかみ合わせの関係、前歯のかみ合わせの状態、歯列の幅、歯の根元の部分の骨(歯槽骨)の幅などを計測します。 矯正治療の計画を立てるのに非常に重要な情報が歯列模型から得られます。これらの情報と、他の検査分析結果を総合して矯正治療の計画を立案します。
例えば、本当に歯列の拡大が必要かどうか判定する資料のひとつとして、模型計測から歯列の幅と歯槽骨幅を計測し、平均値と比較検討を行ったりします。また、でこぼこの程度も患者さんの口のなかを診るだけでは正確なミリ数が計測できないので、模型上で計測し、抜歯/非抜歯の判定に用いたりします。