矯正歯科

麻酔
一時的に神経の機能を低下させることで、痛みの感覚をはじめ知覚や意識を消失させることです。歯科の治療でも痛みを伴う場合に行います。