矯正歯科

埋伏歯(まいふくし)
生えずに歯槽骨の中に埋まったままになってしまっている歯のこと。
矯正治療では、埋伏歯を牽引して引っ張りだす治療をする場合もあります。また、引っ張りだす意味(価値)がない埋伏歯で、歯の移動の邪魔になるようなら抜歯の対象になります。埋伏のしかたによっては特に処置の対象とせず、そのままにする場合もあります。