矯正歯科

虫歯の進行程度による分類
歯科医院でよく耳にする虫歯の進行程度の分類は以下の通りです。
C0:歯の表面が白く濁ったり、白班を生じている状態。実質欠損はまだない(穴はあいていない)
C1:エナメル質に限局してカリエスがある。
C2:カリエスが象牙質まで到達している
C3:カリエスが歯髄まで到達している
C4:歯冠が崩壊している。残根。(歯冠がなく歯根のみが残っている)