矯正歯科

傾斜移動(けいしゃいどう)
傾斜を伴う歯の移動のこと。
例えると、地面に打った「杭」を押している状態に似ています。杭の地上部分を押した場合、通常平行な移動は不可能で、傾斜しながら杭は移動していきます。このような歯の移動のしかたを傾斜移動といいます。この場合、歯根のある1点を中心として歯は傾斜(回転)をおこします。 歯を動かす矯正装置のほとんどは、歯冠上の一点を押す(または引っぱる)ことで歯を動かします。そのため平行な歯の移動はできず、傾斜を伴う移動しかできません。 歯列矯正で精密な歯の移動を行なう場合には、傾斜移動だけでなく、歯軸=歯の傾きを変えないで歯を移動する必要がありますが、そのような歯の動かし方には「歯体移動」や「トルク」などがあります。