矯正歯科

外科矯正(げかきょうせい)
顎切りの手術をともなう歯列矯正のこと。
歯並びの土台となるあごの骨の位置関係が大きくずれており、通常の歯列矯正ではきちんとかみ合わせを回復できない場合にあごの骨の外科手術を併用した歯列矯正をおこないます。治療のながれは、検査→診断→手術前の歯列矯正→手術(入院)→手術後の歯列矯正→保定。 歯列矯正と手術の両方を、施設基準に適合し都道府県知事の指定をうけた医療機関(顎口腔機能診断施設)で治療することにより健康保険の適応が可能となります。 全体的な症例の割合では、下あごの手術の件数が多いですが、上あごの手術が適応となる場合もあります。重度の骨格性の下顎前突、上顎前突、開咬、交叉咬合などが外科矯正の適用となります。