矯正歯科

空隙歯列弓(くうげきしれつきゅう)
隙間が余っている状態の歯並びのこと。すきっ歯。
舌や指しゃぶりなどの癖が原因となっている場合や、歯の本数が少ない場合、歯の大きさがとくに小さい場合などが考えられます。 癖が原因となっている場合には、癖をなおすことが最優先で、原因となっていた癖がなくなることにより自然に不正咬合が和らぐ場合も多々あります。矯正治療中に癖を解消できないと(結局原因を除去できていないので)治療終了後にすき間が再発してしまうことになります。