矯正歯科

下顎枝矢状分割法(かがくししじょうぶんかつほう)
外科矯正で下顎の手術を行う際の、手術方法のひとつ。
下顎角部(下顎の角の部分)から下顎枝にかけて、骨を矢状方向に二枚に分割し、目標の位置まで下顎体の位置をずらして固定する方法。外科矯正で最も良く用いられる手術方法のひとつです。
下顎前突の手術で、下顎骨を後方に移動する手術や、開咬の手術で下顎骨を上方に回転させる手術のほか、上顎前突の手術で、下顎の歯列を前方に移動する際におこなわれることもあります。
下あごの形自体が手術により変わるので、顎変形症の症状である側貌のバランスや左右非対称などの改善も同時に行われます。
手術は口の中からおこなうので、顔の皮膚に手術の跡が残るようなことはありません。