矯正歯科

口腔習癖(こうくうしゅうへき)
悪習癖、不良習癖などともいわれ、不正咬合の原因となる好ましくない「癖」のこと。
舌の癖や唇を噛む癖などさまざまな癖がありますが、習癖から生じる慢性的な力が歯ならびにも作用して不正咬合を引き起こすことになります。短期的なものはあまり問題をおこさないことが多いですが、長期に及ぶと歯列や顎顔面の形態異常の原因になります。 これらの習癖は、成長期に不正咬合を惹起する原因であると同時に、現在の不正咬合を維持している要因にもなっています。 したがって、正常な歯ならびかみ合わせ、より良い顎顔面の成長発育に誘導するには、習癖を除去し解消することが最も重要になります。矯正装置を使用して癖の解消をはかることもありますが、装置がなくても「癖」がなおることが目的なので、筋機能療法がとても大切になります。 筋機能療法と矯正治療を平行していくことで効率よく良好な治療結果が得やすくなります。