矯正歯科

咬合面(こうごうめん)
歯と歯がかみ合う面のこと。小臼歯、大臼歯の噛み合う面。
歯の咬合面は、能率よく食べ物を咀嚼できるように、山状の部分(咬頭)と谷状の部分から成り立っています。そのため咬合面には細かな溝や小窩(へこみ)があり、汚れが溜まりやすい形になっています。咬合面もしっかりと歯みがきをしてプラークコントロールをおこなわないとカリエス(虫歯)の原因になります。