矯正歯科

狭窄歯列弓(きょうさくしれつきゅう)
幅が狭い歯列(歯ならび)のこと。
頬の筋肉が強く働きすぎる場合など、歯列を外側から押す力の方が強くなり、上あごの臼歯部の幅が狭くなります。その結果前歯は、前方に傾斜した細い三角形に近い歯ならびの形になるので、出っ歯のかみ合わせになることが多々あります。 また、歯並びが狭くなっているために、スペース不足の状態となりでこぼこ(叢生)にもなっている場合があります。