矯正歯科

金属アレルギー(きんぞくあれるぎー)
免疫反応が、特定の抗原に対して過剰に起こることをアレルギーといいます。金属アレルギーでは、ニッケルなどの金属による接触性皮膚炎が有名です。
矯正治療では、ステンレススチール、ニッケルチタン合金、コバルトクロム合金などをお口の中に使用しますが、一般的に口の中では、皮膚などと比べて圧倒的にアレルギーが起きにくいので、通常はあまり心配する必要はありません。とくに、虫歯の治療などで口の中に金属の詰め物がすでにある方の場合は、矯正治療の装置もまず問題がないと考えてよいでしょう。 ご心配の場合には、内科・皮膚科でパッチテストをおこなうことをおすすめします。矯正治療で使用する合金の種類を考慮すると、まずNi,Fe,Crについてパッチテストをおこなうと良いでしょう。