矯正歯科

下顎前方歯槽部骨切り術(かがくぜんぽうしそうぶこつきりじゅつ)
外科矯正で、下顎骨に対しておこなう手術方法のひとつ。 左右の犬歯〜犬歯間の歯槽骨を骨切りして位置をかえる手術方法。
下顎の左右第1小臼歯を抜歯を伴います。抜歯してできたスペースを利用して、前歯部の位置を歯槽骨ごと移動します。 前歯部の歯槽骨のみを手術する方法なので、前歯の開咬など、前歯部のみに歯槽性の問題が限局していて、臼歯部のかみあわせには比較的問題がない場合に適用します。 オトガイ部の骨は手術されないので、手術により大きく顔貌が変化することはありません。