基底結節(きていけっせつ)|用語集|新宿の矯正歯科なら吉井矯正歯科新宿クリニック

用語集

基底結節(きていけっせつ)
前歯の舌に面している側、歯ぐきに近い盛り上がった部分のこと。
治療が必要な場合もございます。過剰歯(かじょうし)といって、全く余分な歯の治療となります。

特徴は上の前歯付近に多くみられ、牙のようにすこし尖っています。
ただ抜く時期は矯正歯科クリニックと相談になると思います。
過剰歯は一本に限らず、骨に埋まっていてレントゲンを撮ってみないとわからない事もあり、過剰歯が邪魔をして永久歯が正常な位置にはえてこない場合などもあります。

とりあえず矯正歯科クリニックで一度ご相談下さい。