用語集

カリエス
虫歯のことで、虫歯の進行具合によって、C1からC4まで分類されます。

口の中にいる細菌・ミュータンス菌が、食べ物の中の糖分を分解して糊状のネバネバした物質をつくり出します。
この物質を接着剤にして、口の中の細菌が塊となって歯につき、歯垢(プラーク)になります。
虫歯は、この歯垢中の細菌が砂糖などの糖分を代謝して酸をつくり出し、歯の表面を溶かすことによってはじまります。
自然治癒はなく、一度虫歯になると、二度と元の歯の状態には戻りません。