用語集

噛み合せ(かみあわせ)
上の歯と下の歯の並び方、接触関係のことです。

噛み合わせがズレると、お口全体のバランスを崩し、知覚過敏、歯の揺れ、歯槽膿漏、歯周病、虫歯、顎関節症など、あらゆる歯科疾患を引き起こす原因になります。
また、顎のズレを生み、顎のズレは顔の歪みや全身の歪みを生むため、全身状態のバランスをも崩し、偏頭痛、肩こりなどの原因にもなります。
ズレた噛み合わせでは、うまく噛めないことからもわかるように、安定した噛み合わせは、歯の健康はもちろん、全身の健康にも大きく関係しているのです。
ところで、一般的には、良い噛み合せというと、きれいな歯並びを想像しますが、全体のバランスから安定した良い噛み合せを考えると、単に見栄えが良いだけでは、安定した良い噛み合せとは言えない場合があります。
かみ合わせが悪いと、主に次のような症状を引き起こします。

・肩こり・頭痛・腰痛
・耳鳴り・めまい
・鼻づまり・目のかすみ
・顎関節症

など

かみ合わせが悪いと、重心をずらしてバランスを取りますが頭のバランスが崩れると、さらに、バランスをとるために肩や腰に歪ませてバランスをとるようになります。
バランスをとるために、他の部位でバランスを崩しながらカバーしてしまうのです。

このようにして、噛み合わせのアンバランスが、さまざまな部位のバランスの乱れ・歪みを生じ、姿勢を悪くしてしまいます。
姿勢が悪いと、さまざまな悪影響が起こることは良く知られていますが、かみ合わせも姿勢に大きく影響しているのです。

噛み合わせが悪いままインプラント治療を行ってしまうと、トラブルの原因になります。また、インプラント治療によって噛み合わせが悪くなる場合も同様です。
せっかくインプラントを埋入しても、噛み合わせ調整が適切でなければ、しっかり噛めませんし、頭痛や肩こりなどの症状の原因となってしまうのです。

もちろん、インプラント治療に限らず、入れ歯やブリッジなどの歯科診療において、噛み合わせ調整は大変重要です。歯科診療が原因で噛み合わせが悪くなり、健康に悪影響が及ぶのでは元も子もありません。
噛み合わせの調整は、歯科診療において大変重要なのです。福岡県北九州 井上秀人歯科インプラントクリニックでは、インプラント治療はもちろん、
全ての診療において、噛み合わせをきちんとすることが必要だと考えています。他院でインプラント治療を受けて、噛み合わせに問題を抱えて当院を訪れる患者様も少なくありません。

噛み合わせ治療によって、さまざまな全身症状が改善(消失)した症例は多数ありますが、それだけでなくメンタル面にも良い影響を与える場合も多くあります。
精神的な疾患をお持ちの患者様で、噛み合わせ治療によって改善されたケースもあります。

また、噛み合せ治療で別人のように若返るなど、噛めるようになることで、容姿に良い影響を与える場合もあります。

噛み合わせでお困りでしたら、新宿の矯正歯科、吉井矯正歯科までご相談くださいませ。