用語集

開咬
不正咬合の一種。 前歯に隙間があり、奥歯を噛んだ状態で、かみ合っていない状態のこと。別名「オープンバイト」とも言われている。
噛み合うのは奥歯の数本だけでそれ以外の歯は噛み合いません。食事のときには前歯で噛み切れないため、苦労します。

子どものころの指しゃぶりや舌を突き出す癖、口呼吸などが原因としてあげられます。
口腔周囲の筋肉のアンバランスなどとセットになっている場合がほとんどで、歯並び・かみ合わせの治療と平行して癖の除去が重要となります。

顎顔面、その一部歯などが、何らかの原因でその形態と発育と機能に異常をきたすことで正常な咬合機能を営み得ない咬合状態の総称を不正咬合といいます。

開校を引き起こしてしまう主な原因は以下になります。

・遺伝子によって長いあごの骨になってしまった
・遺伝子によって受け継いだ大きな歯
・成長の過程でアンバランスなあごの骨になってしまった
・開校を引き起こす悪い癖(指しゃぶりや舌癖、口呼吸など)
・鼻炎などの鼻の病気

放っておくとあらゆる弊害がおきる

・咀嚼障害(咬む力がていかしたりなど)
・嚥下障害(意識していないと物を食べる時にクチャクチャ音がでる)
・活舌が悪くなる
・顔の印象に違和感を感じさせる
・成長障害(上下のあごの骨)
・口が閉じにくくなりいつも口が開いているような状態になる。
・前歯が外的要因によるものを受けやすくなる
・顎関節症の原因になることもある(下あごの運動障害、痛み、音)
・胃腸障害、肩こり
・口腔内の清掃不良・虫歯になりやすい・歯肉炎、歯周炎になりやすい・口臭の原因