用語集

下顎角(かがくかく)
下顎体部下縁から下顎枝後縁に移行する隅角部のこと。
いわゆるえらと呼ばれる部分のことです。

下顎の骨の形態は、どの部位が、どの程度まで遺伝によって決まるのかと言うと、下顎角(えらの部分)で遺伝が66.6%(環境33.4% )、下顎骨体(えらから顎の先端までの部分)では55%(環境45%)、下顎枝では遺伝が28.6%(環境71.4%)と報告されています。
つまり、下顎の場合、えらの部分やあごの部分では遺伝の影響を受けやすく、関節に近い部分は、遺伝の影響が他の部分ほど大きくないのです。

矯正歯科治療は顎変形症や口唇口蓋裂、一部の先天異常を有する方以外は健康保険が適用できない自由診療となっています。
治療費について、まずはご相談ください!