矯正歯科

下顎枝垂直骨切り術(かがくしすいちょくこつきりじゅつ)
外科矯正でおこなう下顎の手術で、下顎枝を垂直に分割して(下顎枝を前後に分割して)下顎体を後方へ下げる手術。手術時の下顎体の移動方向がやや限られるため、下顎枝矢状骨切り術と比べて適応は限られるが、外科矯正で計画される下顎体の移動方向、移動量などと勘案してよく選択される手術方法のひとつです。