矯正歯科

咬頭干渉(こうとうかんしょう)
顎を動かしたり、上下の歯をかみ合わせたときに、邪魔な位置で咬頭があたってしまう(干渉する)こと。早期接触と類義。
咬頭干渉があると、知らないうちに無理な顎の動きが必要になったり、自然な位置とはずれた位置で咬まなければならなくなっていたりします。早期接触や咬頭干渉を解消するように噛みあわせを治療するのも、矯正治療の目的のひとつです。