コア|用語集|新宿の矯正歯科なら吉井矯正歯科新宿クリニック

用語集

コア
歯の神経治療などで削った部分が大きく、詰め物ではなくかぶせ物(クラウン)で修復する際、歯の強度を保つために作られる土台のことです。
使われる金属の種類によって、メタルコア、レジンコアなどに分けられます。

大きな虫歯や歯の破折、再治療などにより歯に十分な量の歯質が残っていない場合の治療として、人工の歯の土台(コア)で歯を補強する必要があります。
歯質があまり残っていない歯にクラウン(被せ物)をつけても、すぐに取れたり残っている歯が割れたりしてしまう場合もあり、歯の土台(コア)は目立たない部分ですが、とても重要な治療になります。

歯の土台(コア)には、ファイバーコア、レジンコア、ゴールドコア、メタルコアなどがあります。
審美治療では、治療色や強度、体に優しい素材など目的に合わせ素材を選ぶことができます。