矯正歯科

クリアアライナー
インビザラインとならんで現在主流となっているマウスピース矯正のひとつ。
基本的に軽度のでこぼこ(叢生)や隙間(空隙歯列弓)など、比較的歯の移動量の少ない症例が適応となります。
クリアアライナーでの歯列矯正では、1日17時間以上のアライナー(マウスピース)の使用が求められます。 インビザラインとの比較対象となりやすいクリアアライナーですが、概ね以下の点がインビザラインと異なります。

・一回の印象採得で1mm弱の歯の移動を目標とする
・一回の印象採得で、薄く柔らかいアライナーと厚く固めのアライナーを製作し、段階的に使用して歯を動かしていく
・歯の移動後の状況にあわせ印象採得をおこない、新たにアライナーを製作しながら歯列矯正をすすめていく