矯正歯科

検査(けんさ)(矯正治療の)
すべての医療行為では治療の開始前に必要な検査をおこない、検査結果に基づく診断が重要です。もちろん矯正治療も例外ではありません。
矯正治療では、通常の問診・視診・触診などに加え、以下の検査がとくに必要になります。
・セファログラム(側貌規格エックス線写真)
矯正治療専用の、横顔のレントゲンを撮影する装置。あごの骨の大きさや形、位置関係、歯の生え方などを計測、分析します。
・パノラマエックス線写真
歯の歯根の状態、方向、歯周病、虫歯の有無など、歯や顎に関して、矯正治療に影響を及ぼす要因がないかどうか、概要の診査をします。
・印象採得
奥歯のかみ合わせやでこぼこの程度などを正確に診査するために、歯並びの型をとり歯列の模型を製作します。
ほかにも、顔の写真、歯並びの写真の撮影などをおこない、総合的な分析・判断をおこなう準備をします。検査の結果、さらに他の検査が追加で必要になることもあります。