矯正歯科

犬歯(けんし)
中央から数えて3番目の歯。糸切り歯。
歯列の外側にはみ出した犬歯がいわゆる八重歯です。
歯根が長く、とても丈夫で寿命の長い歯です。そのため、かみ合わせにおいても重要な役割を担っており、抜歯を伴う歯列矯正でもよほど特別な理由がなければ犬歯を抜歯することはありません。