矯正歯科

咬合採得(こうごうさいとく)
かみ合わせの位置を採得・記録すること。
それぞれの歯並びがきちんとしているか、ということと同時に、上下の歯並びがどのような位置関係でかみ合っているかは、矯正治療や歯科治療上とても重要な情報です。とくに不正咬合の場合には、早期接触や咬頭干渉のために、自然な位置とずれた状態で咬んでいる場合があるので、そのような場合には早期接触位置での咬合採得をおこなう場合もあります。