矯正歯科

咬合挙上(こうごうきょじょう)
噛みあわせを浅くすること。=オーバーバイトを小さくすること。
かみ合わせが深すぎる(過蓋咬合)のも不正咬合のひとつです。また、初診の状態ではかみ合わせの深さがそれほど目立たなくても、上顎前突の治療で前歯を口蓋側に下げるには、オーバーバイトを小さくしないと、上下の前歯が咬んでしまって動かせない場合もあります。