矯正歯科

拇指尺側種子骨(ぼししゃくそくしゅしこつ)
身長が伸びる時期には下あごも大きくなるので、成長期の矯正治療ではとても重要な指標になります。
その為、こどもの矯正治療の検査では手のレントゲンの撮影をおこないます。