矯正歯科

鋏状咬合(はさみじょうこうごう)
ハサミの刃のように、臼歯と臼歯が軽くふれあいながら完全にすれちがってしまう不正咬合。
臼歯部に鋏状咬合があると、顎の横の動きを障害したり、または鋏状咬合の臼歯が干渉して実は普段から、顎を横にずらして咬んでいるような、機能的問題の原因になっている場合があります。