矯正歯科

発育空隙(はついくくうげき)
乳歯は概ね2歳中盤で生え揃います。その後もあごの骨が成長発育するので、
乳歯の歯並びには隙間ができますが、これを発育空隙といいます。