矯正歯科

バクシネーターメカニズム
歯列(歯並び)は、常に内側から舌の力をうけています。これに対して頬筋や口輪筋など、歯列の外側から包み込む力でバランスをとっているという考え方です。
歯は力を受けた方向に動いていくものなので、舌の力の方が強すぎれば歯ならびは外側に広がり、場合によって空隙歯列になってしまいます。逆に唇など外側から受ける力が強すぎれば歯は内側に傾斜して狭窄した歯列になります。