矯正歯科

嚥下 (えんげ)
唾液や水、食物などを飲み込むこと、またその動作のことを嚥下といいます。 嚥下の動作に異常な癖がある場合のほとんどは、舌の癖やその他の習癖を伴っています。このような習癖は、成長期にはとくに不正咬合の原因となるため、修正して解消していくことが重要です。矯正治療では筋機能療法などをおこなうことでこれらの癖を解消し、よりよい正常な成長発育に近づけるよう努めていきます。 成人の場合も、スムーズな歯列矯正を進行させ、矯正治療後も後戻りなく歯ならびを安定させるためには、習癖の除去が重要となります。