矯正歯科

永久保定(えいきゅうほてい)
器械的保定のみでは不十分で、後戻りが心配される場合に、ブリッジ、連結インレーなどの補綴処置による永久固定で保定をおこなうこと。 永久保定は、歯を削って補綴する処置を伴うため、通常は器械的保定を第1選択とし、いきなり永久保定をおこなうことはまずありません。 しかし当初から補綴処置を伴う歯列矯正が計画され、歯列矯正後にブリッジが装着されるような場合もあり、その場合には結果的に、永久保定により保定されていると考えられる場合もあります。