矯正歯科

オーバーバイト
正面から見たときの、上あごの前歯と下あごの前歯の重なり具合、難しく言うと、上顎前歯の切縁から下顎前歯の切縁までの垂直的な距離のことです。 正面から見て上下の前歯が重なって見えるときはプラス、開咬の場合にはマイナス表示になります。かみ合わせが深すぎる過蓋咬合では、プラス表示の大きな値になります。また、切端咬合の場合のオーバーバイトは0mmです。 平均的な理想の数値は(+)2mm?(+)3mmです。