矯正歯科

インプラントアンカレッジ(TAD)、インプラント矯正
歯列矯正では、動かしたい方向に向かって力を荷重することにより歯を動かします。「歯に力をかける」ということはすなわち、必ず「作用・反作用」の関係になるため、必要な力を発生させるための反作用を負担する場所が必要になります。
程度の緩やかな不正咬合の歯列矯正では、歯と歯の相互の動きなどを利用すれば充分です。しかし歯の移動距離が多い場合や、矯正治療上困難とされる移動が必要な場合など、歯列矯正をおこなうための反作用を受け止める場所が足りない場合には、ヘッドギアや顎間ゴム、ナンスのホールディングアーチなどの加強固定(反作用を負担する場所を増やすための工夫)を追加して矯正治療をおこないます。