用語集

インプラント
顎骨に人工歯根を埋め込みそれを土台にして人口歯を取り付ける治療法。失われてしまった天然の歯を補うこと
、 ブリッジや有床義歯と違って、天然歯の状態により近い機能・形態の回復が得られることが多く、また周囲の歯を削ったり、
それらに負担をかける必要がないため、インプラント治療を受ける人は近年、増加しています。
治療が適さないケースもある為、インプラントの治療を施術するときは、いくつかの条件を満たす必要があります。

インプラント治療を行う際の年齢は、一般的に16から18歳以上で骨の成長が終わったあとがベストなタイミングといわれています。
骨の成長がすでに止まっていれば、治療を受ける事が高齢者の方でも十分可能です。顎骨の成長が止まってからインプラント治療を行うのが良いとされています。

必要な条件としてインプラント治療を受ける為にはいくつ条件があります。健康な体である事が条件の一つとして含まれます。
入れ歯やブリッジ等の治療とインプラント治療は異なり外科的手術を行う為、心臓疾患、心筋梗塞人工透析を受けている方や喘息等の発作を起こしやすい体質の方
肝疾患等を重度で持っている、長時間かかる見込みがる手術に体が耐える事が出来ない方などこれらの条件に当てはまってしまうと、
インプラント治療を受けるには適していないと判断されてしまいます。

他にも糖尿病を患っている人も手術を受けるにはあまり向きません。その理由として挙げられるのが、
病気に対する抵抗力や免疫力が糖尿病が進行するにつれて低下してしまい、
インプラント治療後のケアを怠り、歯周病等の病気を引き起こしやすくなる可能性が健康体に比べて非常に高いからです。

しかし、軽度の糖尿病で血糖値のコントロールがまだ出来ている場合は治療を出来る可能性があります。
顎骨に穴を空けることで、人工歯根を埋めるのがインプラント治療の為、治療を行う際には顎骨の状態が非常に重要となっていきます。

他にも人工歯根を支える為の役割を持つ顎骨の厚さが条件をクリアしていない、
顎骨が不足している際は治療を行う事が出来ない場合もありますので覚えておくと良いでしょう。
ですがGBR法(骨再生誘導法)等の骨の再生を促す為の治療を行えばこのような場合でも、骨の量げんじょうよりも増やす事でインプラント治療が可能になるケースもあります。

骨を再生させる方法以外にも、歯周組織の回復を行うGTR法(組織再生誘導法)やエムドゲイン法もあります。
病気や骨の問題の他に、たばこつまり、喫煙もインプラント治療を行う上では治療を施せない重要な原因の一つとなります。インプラントの治療中は、
感染等の合併症を引き起こす可能性が治療箇所である為、定期的に毎日歯磨きを行う、薬うがいを行う等、清潔に口腔内を保つ必要があります。

その為、喫煙者等にはインプラント治療はあまり適していません。その原因は、
喫煙は歯茎の毛細血管を収縮させ、血行不良に陥らせる為、インプラントと骨の融合や治癒を遅らせてしまいます。

インプラント治療の失敗例の一つには、患者が喫煙者であるケースもあるので。そのため喫煙者が治療を行う場合は、禁煙しましょう。